素早く記事を量産したい人のためのライティングを上手に外注するコツ

ライティングの外注はこんな人にオススメ

WEBサイトを運営する際、記事を量産することはとても重要です。
特にオウンドメディアやコンテンツ・マーケティング、アフィリエイトなどにおいては必須となっています。
しかし、一定水準以上の質を保ちながら記事をコンスタントに作り続けるのは、意外なほどの労力を必要とします。
もし記事制作に行き詰まりが見えたら、あるいは人や時間の確保が難しい場合は、ライティングを外注することも検討してみてください。
ただ、記事作成の数と質を確保しつつ量産するためには、ノウハウを知る必要があります。
素早く記事を量産するための外注ライティング活用術を見てみましょう。

記事作成を外注するときに指定する項目

記事のライティングを外注する際には、抑えておくべきポイントがあります。
正しく発注できなければ、イメージしていたものとは異なる記事が納品されてしまうことになりますので、
注意すべき点を把握しておきましょう。

・テーマとキーワード

まず外注する記事の内容を決める必要があります。
運営しているWEBサイト全体を貫くテーマと、その記事で配信したい情報を定めるキーワード、両方を指定して内容を伝えます。
ライターにテーマしか伝わっていないと、記事の内容が絞り込まれていないぼんやりしたものになってしまいます。
逆にキーワードの設定だけでは、他の記事との統一感が取れずにWEBサイト全体が支離滅裂になってしまいます。
外注では内製するよりもライターとのコミュニケーションが取りにくくなりますので、
必ずテーマとキーワード両方を設定して綿密に意思統一をします。

・ターゲット

テーマとキーワードに並んで重要なのが、読者となるターゲットの設定です。
これによって、同じキーワードを設定していても、記事のライティング内容は大きく異なります。
外注する際には、必ずライターとの間でターゲットを明確に設定しましょう。性別や年代といった概要だけではなく、
何を知りたくてそのキーワードで検索したのか、解決したい問題は何かといったことを掘り下げて設定します。

・記事のフォーマット

記事の完成形を想定して、仕様やフォーマットを指定します。
文字数はどの程度の範囲で、キーワードは何回以上使って、語尾はですます口調で、構成となる見出しの数はいくつでなど、
ライティングを行う際に必ず必要になる項目は外注先のライターからも質問があります。
この他に、記事全体の雰囲気、肯定するか否定するか、などといったことも必要に応じて指定します。
納品の際のファイル形式などもライティング開始までに伝えておきます。

・納期

外注時には納期も設定しておきます。
文字数や記事作成可能数によりますので、相談の上での決定となります。
ライティングの質を確保するためにも、あまりタイトなスケジュールを無理に設定しないほうが良いでしょう。
より多くの記事を量産したい場合には、外注先を増やすことも検討すべきです。

外注記事の質を高めるためのライティングマニュアル

記事の外注の大まかな流れは上記の通りですが、記事の質を上げるためには、さらに注意すべきポイントがあります。
外注する際の打ち合わせや、ライティング中の意思疎通、納品された記事内容の確認時などに気をつけるべき項目として意識しましょう。

・記事のテーマを絞る

1つの記事は1つのテーマやキーワードに絞った内容にすべきです。あれもこれもと盛り込む必要はありません。
むしろ、テーマが絞りきれていないと内容があやふやになり、その記事が本当に役に立つターゲットが見失われてしまいます。
外注する際には、キーワードと文字数によってバランスを取り、絞り込みましょう。
また、ライティングを実際に開始する前にライターに見出しだけ作成してもらい、
記事の内容やターゲットが絞れているか確認することもできます。

・SEOを意識する

多くの記事を配信するコンテンツマーケティングでは、従来型のテクニカルなSEOはあまり意識しすぎる必要はありません。
基本的には記事の内容を読者に最適化するコンテンツSEOの考え方を重視します。
ただ、ごく基本的なSEO対策は記事ごとに施して調整しなければなりません。
WEBライティングに慣れているライターであれば、基本的なSEOの知識はあり、それに沿って記事を作成してくれるはずです。
外注記事が納品された時に、一応チェックリストなどを使って確認すれば問題ないでしょう。

・タイトルと見出しで流し読み対策を

WEBコンテンツにおいて、タイトルと見出しは非常に重要です。
SEO的な意味合いにおいても、タイトルと見出しはグーグルが記事の内容を把握する際に最重視されるものの1つです。
同時に、その記事を読むユーザーにとっても、タイトルと見出しが適切であることは非常に重要です。
書籍などの紙媒体に比べて、WEBメディアはじっくり読まれることが多くありません。
そのため、流し読みでも内容が十分に把握できるように、タイトルと見出しだけで概要がわかるようにしておきます。

・正確な内容で言い切る

大手企業が運営するキュレーションメディアにおいて、
内容が不正確な記事が大量に見つかり大きな問題になったことがありました。
ユーザーは情報を得るために検索し、問題を解決するために記事を読みます。そこで間違った情報を配信してはいけません。
また、文章の書き方として、〜だと思います、〜と言われています、などを多用すると信頼感が低くなってしまいます。
きちんと言い切れるよう、内容は正確に調査してライティングを行います。

まとめ

WEBマーケティングにおいてコンテンツ制作が重要になるにつれ、記事の量産方法の確保が必須となってきています。
ライティングをすべて内製化できれば問題ありませんが、人員の確保や労力の面からも、
掘り下げた記事を数多く作成する知識の面からも、難しいと感じる組織がほとんどでしょう。

記事先頭に戻る

関連記事

  1. 記事の質が上がる! WEBマーケティングに必要なライティング技術

  2. 記事作成を外注するコツとは? コンテンツ制作代行サービス活用法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA