記事作成初心者のためのライティングに必要なコンテンツSEOの基礎

ユーザーと検索エンジン、どちらに向けたSEOが必要?

コンテンツ用の記事を作成するときには、まずWEBサイトを訪れるユーザーを想定して内容を定め、ライティングをします。
ユーザーに満足してもらえる記事を作成することを最優先にするコンテンツSEOという考え方も、
オウンドメディアやコンテンツマーケティングなどと共に一般化しました。
とはいえ、同時に検索エンジンの特性を理解した、従来の意味でのSEOも行わなければなりません。
エンジンに把握されなければ、せっかくの記事も価値がなくなってしまうからです。
ユーザーにとって価値があり、なおかつ検索されやすい記事を作成するために、コンテンツSEOの基礎を理解しましょう。

コンテンツSEOとは

・従来型SEOとコンテンツSEOの違い

コンテンツSEOとは、コンテンツの質を最重要視して、
ユーザーの求めているものを配信することこそが最良のSEOである、と考えるものです。
従来型のSEOでは、記事内のキーワードを可能な限り多くしたり、そのコンテンツへのリンクを獲得したりといった、
の評価を上げるための言わば小手先の施策が主体でした。
しかし、グーグルのAIが進化するにしたがって、それらのテクニックよりもユーザーの行動が重視されるようになりました。
そのため、ユーザーに満足してもらえる質の高い記事が、同時にSEOの面でも優れたものとなったのです。
記事作成の際にもコンテンツSEOへの意識を持ったライティングが必要です。

・最低限行うべきSEOは残っている

ユーザーの体験と行動を重視するコンテンツSEOが広まったとはいえ、実際は従来型のSEOも全く不要となったわけではありません。
コンテンツSEOはユーザーがその記事に触れた結果によりさらに効果の高まるものです。
しかしそれ以前に、まずユーザーにコンテンツを見つけてもらわなければなりません。
いわばスタートラインに立つためのSEOです。
そのため、記事作成時に最低限行うべきSEOも把握してライティングをする必要があります。

ライティング時のチェックリスト

コンテンツSEOにおいては、ターゲットの設定、キーワードの選定、テーマの決定といった、
記事の質を高めるための手順が重要です。
それと同時に、ライティングの際に従うべきSEOのセオリーがあります。
慣れるまではチェックリストを活用して漏れがないように気をつけましょう。

・重要なことは冒頭に

グーグルは記事の上部にある情報を重視して、コンテンツの内容を把握していると言われています。
冒頭部分に選定したキーワードはすべて盛り込み、記事全体のテーマが分かるようにしましょう。
まず要旨や結論を最初に述べるという、英語圏の文章の書き方からきているものかもしれません。
ライティングの際にも、記事の上部で重要なことを先に書くようにします。

そして、その根拠や理由、詳細へと書き進めます。

・記事のタイトルの作り方

記事のタイトルはSEOで最重要視される文でもあります。
記事の内容を正しく表す要約になっていて、キーワードがすべて使われているのが良いタイトルと言われます。
タイトルの文字数は32文字以内が良い、いや28文字以内にすべきだなど複数の意見がありますが、
それらは検索結果画面に表示される文字数からきています。タイトルが多少長くなってしまっても、
キーワードや重要なことが冒頭に書かれていればユーザーも理解できるので、
絶対に何文字以内でなければならないというほどではありません。
また、検索結果で表示されたときに内容を読みたくなる、クリックされるタイトルであることも重要です。
ただし、あまり扇動的なタイトルでクリックだけ稼いでも、
内容が満足されなければコンテンツSEOとしては結局マイナスとなりますので注意してください。

・見出しタグの使い方

見出しタグとは、h1、h2といったものです。この見出しタグが使われた部分は、
その後の段落を要約するものとしてグーグルが重視しますので、記事の流れに沿って適切に設定しましょう。
記事のタイトルはh1タグを使い、小見出しにはh2、さらに小さな見出しにはh3と順番に使っていきます。
またユーザーにとっても、その記事の内容を大まかに把握するのに役立ちます。
WEBサイトの文章は書籍などと比べると流し読みされやすいので、見出しだけで要旨が分かる方が好まれます。

・記事作成時の注意

ここまでは形式に注意すれば良いものでした。
さらに記事全体においても、ライティング時に常に意識すべきことがあります。
選定したキーワードは不自然にならない範囲で、たくさん使用して記事を作成します。
また、キーワードそのものでなくても、言い換えた言葉(「ゆらぎ」と言われます)を多く使用すると、
その記事の内容がよりふくらみをもってグーグルに把握され、色々なキーワードでの検索にもヒットするようになります。
例えば選定したキーワードが「夏休み」だったとしても、記事中ですべて「夏休み」とせず、
必要に応じて「お盆休み」「バケーション」などの言葉も使えるように意識します。
同じように、選定したキーワードと一緒に使われる言葉(「共起語」と言われます)を使っておくことで、
複数キーワードの組み合わせで検索されたときにヒットしやすくなります。
「夏休み」なら「旅行」などを、無理がなければテーマに追加できるよう考えてみます。

・テクニカルな調整

最後に、コンテンツの質とは関わりのない部分であるものの、SEOとして行った方が良いことを調整します。
まず作成した記事をWEBページとして配信する際に、URLにもその記事のキーワードを使った方が良いと言われます。
日本語URLは表示が長くなりすぎるため、英単語に置き換えることも多くなっています。
次にディスクリプションと呼ばれる記事の内容の要約を設定します。
これはグーグルが内容を把握するとともに検索結果のタイトルの下に表示されるので、
適切な内容ならばユーザーにとってわかりやすく、クリックされやすくなります。
最後に、画像の名前を設定します。グーグルのAIは文章理解力はどんどん向上していますが、まだ画像は認識できていません。
そのため、それがどのような画像であるかは、文章で説明してあげる必要があります。
単純な「富士山」などの単語だけではなく、
「夏休みに旅行した河口湖から見た富士山」のように前後ともつながる文章にしておくと、よりSEO効果は高まります。

まとめ

コンテンツSEOの基本は、ユーザーの検索意図を考えて欲しい情報を的確に届けられる記事を配信することにあります。
とはいえ、WEBサイトのコンテンツ制作には独特の部分もあり、
最低限抑えておかなければならない形式的なSEOもまだまだ残っています。
ライティングに不慣れな段階では、書きにくい、面倒と感じることもあるかもしれません。
しかし、作成した記事を多くの人に届けるためには必要なことなので、常に意識してライティングを行ってください。

記事先頭に戻る

関連記事

  1. コンテンツマーケティングの記事の効果を倍増させるコンテンツSEO

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA