記事作成を外注するコツとは? コンテンツ制作代行サービス活用法

マーケティングにおける記事制作の大切さ

WEBマーケティングの大きな柱として、オウンドメディアの運営やコンテンツマーケティングが欠かせないものになってきました。
しかし、これらのマーケティング施策で問題となるのが、サイト制作に関わるマーケティング担当者の負担です。
多くの記事を作成し、ユーザーに役立つWEBサイトを制作しなければ、マーケティング施策としても効果が上がりません。
そこでWEBサイト運営手段の1つとなるのが、コンテンツ制作代行サービスに外注する方法です。
記事作成を外注し、担当者の負担を軽減しながら成果を上げるためのコツを見てみましょう。

記事作成を外注するメリット

ただ単に、人が足りない、記事を作成するノウハウがない、という理由だけでコンテンツ制作を外注してしまうと、
マーケティング施策全体のまとまりがなくなってしかねません。
まずは、制作を外注することで得られるメリットを確認しましょう。

・担当者の負担を減らせる

制作を外注する最も大きなメリットは、マーケティング担当者が記事作成に費やす時間を軽減できることです。
それによって担当者は、全体のコンセプト策定、コンテンツ追加の計画、効果測定など、
オウンドメディア運営やコンテンツマーケティングの展開において
記事作成・配信の次の段階となる作業に多くの時間をさけるようになります。

・SEOの知識があるライターを使える

コンテンツを制作するためのターゲットの設定、ニーズの調査などはマーケティング全般に関わることなので、
インターネットに特化した知識が少ない担当者でも対応することができます。
しかし記事の作成は、WEBライティング特有のテクニックやSEOの知識が欠かせないため、ある程度の慣れと経験が必要です。
マーケティング担当者が自ら記事を書きながら経験を積むこともできますが、
外注することでその時間を節約し、最初から質の高いコンテンツを配信することができます。

・幅広いコンテンツが作成できる

担当者内で記事作成をする場合、どうしてもライティングを行う人数が限られます。
その点、記事作成を外注すれば、異なる専門性を持つ複数のライターに発注することもできるので、
より幅広いコンテンツを配信できます。

記事作成を外注するデメリット

コンテンツ制作の外注にはメリットだけでなはく、もちろんデメリットもあります。
両方を理解して、外注するか内製するか検討する必要があります。

・追加コストが必要

コンテンツ制作を外注すれば、当然製作費が必要となります。
担当者が記事を作成するのであれば、会社にとっては固定費の中で運営することが可能とも言えます。
そのため、外注時に発生する費用は追加コストと見られる場合もあります。
この追加コストと、外注して得られるメリットをしっかり比較して外注するか判断しなければなりません。

・ノウハウが内部に溜まりにくい

外注すれば、コンテンツ制作代行サービスが持っているライティング技術やSEO知識といったノウハウを使って
記事の作成をしてもらえます。ただし同時に、本来はマーケティング担当者が身に着けるべきノウハウが
内部に溜まらないという弊害も発生します。
作成する記事はすべて外注するのか、担当者もトレーニングを受けたり、
一部を内製したりしてノウハウを蓄積しながら運営するのか、バランスも決める必要があります。

・イメージと異なる記事が出来上がることがある

記事作成を外注するとしても、運営するオウンドメディアなどの全体像やコンテンツ配信内容は、
マーケティング担当者が決めなければなりません。その意思決定方法があやふやだったり、
コンテンツ制作代行サービスとの意思疎通が上手くいかないと、
出来上がったコンテンツがイメージと違うものになることもあります。
どのように外注すればコンテンツの制作がスムーズにいき、
マーケティング全体を効果的にできるのか、流れとコツを見てみましょう。

コンテンツ制作サービスを活用するコツ

・記事の仕様の決定

まず、どのような記事を作成してほしいか、仕様を明確にしなければなりません。
SEOに関わるキーワードの設定や、記事作成の単価に関わる文字数といったことについては、
比較的簡単に明確にできます。コンテンツ制作代行サービス側からも聞き取りがあるでしょう。
その他の、内容や質に関する部分についてはしっかり認識を統一する必要があります。
質については、オウンドメディアで配信するので読み物として十分な内容の記事なのか、
SEO対策のためのバックリンク用の記事なのかといった、おおまかな基準での記事単価は設定されている場合がほとんどです。
ただそれだけでは、専門性を持ったライターが作成してくれるか、
キーワードの解釈や問題設定についての認識は合っているかなど、内容面については定まりません。
また、ターゲットの設定も齟齬が生まれやすい部分です。
コンテンツマーケティングにおける記事作成の際に考えるべきことはすべて、
外注先と綿密に打ち合わせて仕様を決定しなければなりません。

・見積もり

仕様が決まって、いつまでに何本の記事が必要かスケジュールを設定すれば、
コンテンツ制作代行サービスの側で見積もりをしてくれます。
このときに、費用だけでなく、納期、制作を担当するライターの人数と専門性や質も十分に確認しましょう。
多くのコンテンツ制作代行サービスでは、実際に記事を作成するライターは専属ではなく、
さらに外注をしている下請けのようなイメージです。
できる限り質が高く安定したライターを確保できるよう働きかけるべきです。

・発注

見積もり内容、担当ライター、納期などに問題がなければ、実際に発注となります。
納品の形式や支払い方法などはコンテンツ制作代行サービスごとに異なりますので、トラブルのないよう確認します。
また、ここまでは複数のライターを抱えているコンテンツ制作代行サービスを想定して見てきましたが、
クラウドソーシングサービスなどを利用して、直接ライターと契約することも可能です。
その場合は、基本的にはライターそれぞれと個別に打ち合わせや見積もりをすることとなります。
ライター個人と直接契約すると、ニーズに合った記事を作成できるライターを確保しやすいという面もありますが、
打ち合わせや交渉が個別になり煩雑になる面もあります。

・記事制作

発注してから納品までは、基本的には外注先に任せたままです。
記事を作成している間にイメージのすり合わせが必要となれば、外注先から問い合わせがあるかもしれません。
内容を確認しながら進めてほしい場合には、適宜進捗を確認したり、分納をお願いする方が良いでしょう。

・納品

記事の作成が完了したら、納品となります。納品の際のファイル形式などは、
テキストファイル、ワードファイル、あるいはワードプレスへのアップロードなど、指定に対応してくれることがほとんどです。
納品された記事は必ず確認して、手直しが必要な個所があれば修正を依頼します。
確認すべき内容としては、大きく次の4点です。

1) 打ち合わせや依頼時に設定した仕様の通りになっているか。
記事の文字数やキーワードなどが仕様に合ってないことはほとんどありませんが、
コンテンツの流れや内容、肯定的か否定的かなどといった視点、ターゲットの設定などはズレが生じやすいので注意しましょう。

2) 誤字脱字がないか。
校正作業となります。実際に読んで確認するとともに、誤字脱字判定ツールも利用すべきでしょう。

3) 内容に誤りがないか。
数年前に健康情報配信サイトでいい加減なコンテンツが多数発見され大きな問題となりました。
専門性の高い記事作成を依頼した場合には、内容の確認も難しくなりますが、必ずチェックしなければなりません。
また、健康食品などを扱う際の薬機法(旧薬事法)や、
キャンペーンの案内などでの景表法に従った表記になっているかも注意が必要です。

4) コピーコンテンツがないか。
検索エンジンにコピーコンテンツと判定されてしまうと、
その記事のみでなくWEBサイト全体に悪影響が及んでしまいます。絶対に避けなければなりません。
故意にコピーコンテンツを納品したとすれば、コンテンツ制作代行サービスとしては最悪です。
しかし、情報を収集して切り張りして新しい記事を作成した場合でも、
まれに重複部分が多いとみなされてしまうこともあります。コピーコンテンツチェックツールを利用して確認しましょう。

まとめ

記事の作成をコンテンツ制作代行サービスに外注するのは、
オウンドメディアなどのコンテンツマーケティングを加速させ、より効果的に運営するのに有効です。
ただし、外注にはデメリットもありますし、やり取りをスムーズにしてイメージ通りの記事を作成してもらうにはコツもあります。
マーケティング施策全体を設計し、外注を使うか、どの程度の部分を外注にするか、綿密に計画してから利用しましょう。

記事先頭に戻る

関連記事

  1. 素早く記事を量産したい人のためのライティングを上手に外注するコツ

  2. 記事の質が上がる! WEBマーケティングに必要なライティング技術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA