記事の質が上がる! WEBマーケティングに必要なライティング技術

WEBマーケティング向きの記事作成は難しい?

WEBマーケティングには、一種独特のライティング技術が必要となります。
とはいえ、それは裏技的なSEOによるものでもなく、いわゆる「バズ」ばかりを狙うものでもありません。
あくまでも一般の文章と同じように、読みやすく、分かりやすい記事を書くことが基本です。
ただ、雑誌の記事とキャッチコピーのライティングが異なるように、WEBマーケティングに特徴的なライティング技術もあります。
その特徴と効果的なライティングを身につけて、記事の質を上げ、WEBマーケティングを進化させましょう。

WEBマーケティングに向いた記事とは?

・読者の期待に応えて飽きさせない記事

WEBマーケティングで最も大切にすべきなのは、そのWEBサイトを訪れた人に本当に満足してもらうことです。
そのために必要な記事を作成することが、ライティングの目的となります。
ときどき見られるのが、とにかくアクセスを集めたいからと、タイトルを大げさにしたり、
多くの人が関心を持っているキーワードをタイトルに使い、内容はタイトルとは違っているといった例です。
これらの記事では、タイトルを見てWEBサイトを訪れた人が本文を読んでも、
期待していた内容とは違いますので、満足を得ることはできません。
また、文章の内容も首尾一貫して整合性の取れた流れになっていなければなりません。
WEBサイトでは紙のメディアに比べて、ユーザーは文章の意味が読み取れなくなるとすぐに離脱してしまう傾向が強いためです。
テンポよく、簡潔で、意味が伝わりやすい記事になるよう意識してライティングを行います。

・SEO対策ができている記事

WEBマーケティングに必要なライティング技術のもう一つの柱が、やはりSEOです。
グーグルなどの検索エンジンの性能が向上しているので、もうSEOは不要だという意見も出てきました。
しかし、それはキーワードの埋め込み方や、被リンクの集め方など、テクニカルな部分でSEOの重要性が低くなったという話です。
WEBサイトの記事内容については、ライティングを行う際にまだ意識しなければならないことが残っています。
読む人には伝わるものの、検索エンジンには伝わらない。
そのような記事では、検索での表示順位が上がらずに、記事本来の価値が生かせません。
では、ライティングにおいて具体的に注意すべきことを見てみましょう。

WEBマーケティングのためのライティング技術

・ターゲットを絞ってピンポイントに

まず、記事を書き始める前にターゲットを明確に想定します。
同じSEO対策についての記事でも、ある程度基礎知識があって最新動向を知りたい人に向けての記事と、
新しくSEO業務を行うことになった初心者に向けての記事では内容が異なることは当然でしょう。
すべての人に向けた記事はWEBマーケティングでは効果的ではありません。ターゲットに合った読み手に、
この記事は自分のために書かれたものだ、と思わせることが大切です。
そのためには、記事の冒頭部分でどのような目的を持った人に対する内容なのか明示して、
ターゲットを絞ってしまうのもライティング技術の一つです。それ以前に、タイトルにターゲットを示すことも増えています。

・重要なことは記事の最初に

WEBサイトは本などの紙メディアと違い、飛ばし読みをしている人が多いと言われています。
少しでも記事の論理展開がおかしかったり、自分の知りたいこととは違う内容だと感じたら、すぐに離脱してページを閉じてしまいます。そのため、起承転結のような展開で最後に知りたいことが分かるという文章では、最後まで読んでもらえることが減ってしまいます。
そこでライティングの際も、重要なことは記事の冒頭に提示するよう注意します。
重要なこととは、この記事はどのような人がどのような問題を解決するのに役立つのか、どのような方法で解決ができるのか、
といったこと。検索結果からそのWEBサイトを訪れた人が、期待していたものだと安心して読み進められるようにします。

・SEOを意識した言葉づかいを

上記2点は読む人のためのライティング技術でもありますが、その一方でSEOも意識しなければなりません。
まず、基本になるのがキーワードの設定です。
ターゲットの設定と同じく、いろいろなキーワードをあれもこれもと1つの記事に盛り込んでも逆効果になります。
1つの記事では1つのキーワード(の組み合わせ)を意識してライティングを行います。
この場合の1つのキーワードとは、組み合わせで1つと考えます。
「マーケティング ライティング」というキーワードを組み合わせとして捉えて、
「マーケティング」という大きなテーマがあり、その中での「ライティング」について、
といったようにキーワード同士の関連性から記事の内容や展開を構成していきます。
また、キーワードや文章中の言葉づかいは、分かりやすい一般的な言葉を使用すべきです。
検索エンジンが賢くなったとはいっても、あまり凝った言い回しは理解できないことがあります。
比喩表現、特に暗喩などが代表的なものです。
その記事タイトルの「子羊」が実は「純粋な人たち」を意味している場合に、読む人には伝わるとしても、
検索エンジンに伝わらなければ、期待した検索結果に表示されることはありません。

まとめ

WEBマーケティングの記事を作成する際のライティング方法は、多少独特なものがあります。
それは、WEBメディアに独特のニーズがあるからです。
インターネットでは非常に多くの記事を横断しながら情報を収集できるので、
その記事のターゲットと内容をはっきり絞った方が親切なのです。

そして、SEOを意識する必要があります。

文章構成の形式や言葉づかいなどが画一的になってしまい個性が出せないと感じるライターもいますが、
WEBマーケティングの世界ではSEOを優先しなければなりません。

記事先頭に戻る

関連記事

  1. 素早く記事を量産したい人のためのライティングを上手に外注するコツ

  2. 記事作成を外注するコツとは? コンテンツ制作代行サービス活用法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA