オウンドメディア運営のための記事作成に必要なライティング技術とは

オウンドメディアに合ったWEBライター探しは意外と難しい

インターネット上でのマーケティング手法にも流行や傾向がありますが、この数年で広く普及したオウンドメディアを使ったマーケティングはすっかり定番となりました。企業が製品やサービス、あるいは自社自体をアピールし、ブランディングする手法として数々のメリットがあるためです。
ただ、オウンドメディアを運営するには、コンスタントに多様な記事を制作・配信し続ける必要があります。もちろん質は一定に保ち、コンセプトもぶれてはいけません。そのようなコンテンツを作るには、ライティング技術の高いWEBライターが重要になりますが、意外と自社のオウンドメディアにぴったりあったWEBライターは見つかりにくいもの。どのような点に留意して探したり、育成したりすればいいのか、必要なライティング技術の側面から見てみましょう。

成果の出せるオウンドメディア運営の鍵

・オウンドメディアとコンテンツマーケティングを理解する

オウンドメディアとは、企業が自社で所有する(オウンド)WEBサイト(メディア)のことを言います。そのWEBサイト上でユーザーにとって価値ある情報を配信して、企業とユーザーとの関係性を構築することを目的としています。
このオウンドメディアの目的は、コンテンツマーケティングの重要な要素でもあります。
コンテンツマーケティングとは、ユーザーが関心を持ち、求めている情報を伝えるコンテンツをインターネット上で配信するマーケティング手法です。その情報により、顧客や、顧客になりうる人たちに見つけてもらい、関係性を構築して、やがて収益化を目指します。

・質の高い記事作成と配信を継続する

オウンドメディアの役割は、コンテンツマーケティング自体とも重なる部分がありますが、最も重要なのはユーザーにとって価値のある情報を継続して配信することです。
ユーザーに役立ったと感じてもらえなければ、無駄な情報、もっと悪い場合には邪魔なノイズと思われてしまいます。オウンドメディアを訪れた人にとって価値あるコンテンツを定期的に公開できれば、何度もWEBサイトに来て、見てもらうことができますし、自社の製品やサービスやブランドなどを覚えてもらい、親しんでもらうことも可能です。
そのためには、質の高い記事を作成するライティング技術が必要となります。

オウンドメディアの記事作成に必要なライティング技術

・WEBライティングは調査とテーマ設定から

では、オウンドメディア運営を成功させる記事作成方法やライティング技術とはどのようなものでしょうか。
オウンドメディアの記事作成のためのWEBライティングは、ユーザーがどのような問題を持っているかの調査と、記事のテーマ設定から始まります。
まず関係を築きたいユーザーや、自社の製品やサービスの顧客になりうる人物像を想定します。それに沿って「誰が」「いつ」「何について」の情報を知りたいと思っているのかを調査し、オウンドメディアで配信すべきことを見つけます。
書くべきテーマが見つかったら、その記事を読みにきた人にとって本当に価値のあるコンテンツは何かを考えて、ライティングを行います。

・SEOを意識した記事作成が必須

オウンドメディアの記事のライティングには、ユーザーのニーズにぴったり合った内容で書き上げるという質の高さも重要ですが、もう一つ欠かせない要素があります。それがSEOを意識した、WEBライティング特有の技術です。
問題意識を持ったユーザーにコンテンツを見てもらうためには、検索で見つけてもらわなければなりません。そのためにグーグルなどの検索エンジンに正しく記事の内容を認識してもらうための、SEO対策が必要となるのです。
ライターとしてのキャリアが長くても、WEB媒体でのライティング経験が少ない人の場合、このSEOに関する知識や技術が不十分なことがあるので注意しなければなりません。

オウンドメディアを安定して運営するためのライターの探し方

・オウンドメディア運営担当内で育成する

コンスタントに質の高い記事を配信し続けるためには、十分な人数のライターを確保しておく必要があります。それも、オウンドメディアに特化したWEBライティング技術を持ったライターでなければなりません。
最も安定して運用できるのが、オウンドメディアを運営する担当者の中で育成する方法です。
自社の製品やサービスに関する記事のライティングなので、知識も十分にあり、学習するモチベーションも高いでしょう。記事のテーマ策定や、ユーザーのニーズの調査も運営担当者内で一貫して行えるので、オウンドメディア全体の統一感もつくれます。
ただ、当初はWEBライティングに関する知識には乏しいことが多いでしょう。SEOに関する正しい知識など、WEBライティングに特有の技術をトレーニングできる人材の確保の方が難しいかもしれません。
また、記事作成には時間もかかりますので、運営担当者が少ないと一人一人の負担が大きくなってしまうのも懸念されます。

・記事のライティングは外部ライターに委託する

記事作成を行うもう一つの方法は、ライティングを外部ライターに委託するものです。この方法なら、オウンドメディア運営担当者のリソースを割かずにコンテンツを量産できます。
ただ、WEBライティングの技術を持つライターは意外と多くありません。紙媒体などの感覚のままでのライティングでは十分な効果が期待できませんので、ライター選定も重要になります。また、オウンドメディアのテーマや雰囲気をしっかり理解してもらうため、定期的に十分な打ち合わせも必要です。
それに加えて、外部ライターに依存してしまうと、オウンドメディアを運営する社内にライティング技術が蓄積されないというデメリットもあります。

まとめ

オウンドメディアの運営には、十分な数の記事を配信するため、ライティングのリソース確保が必須になります。メディア運営担当者内部で育成するとしても、外部ライターに依頼するにしても、安定して量産できる体制を構築しなければなりません。

記事先頭に戻る

関連記事

  1. コンテンツマーケティングを成功させるオウンドメディア記事の作り方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA