制作担当者のためのコンテンツマーケティングが捗る記事作成方法

コンテンツマーケティング成功の鍵はコンスタントな記事作成

数年前からコンテンツマーケティングを施策として行う企業やブランドが非常に多くなっています。オウンドメディアを運営して、自らユーザーや潜在顧客層に直接情報を配信するマーケティング手法です。

コンテンツマーケティングにおける成功の鍵となるのが、良質な記事をコンスタントに配信することです。
同時に、担当者にとって最も大きな負担となるのが、そのために記事を作成し続けることでしょう。
少なくとも週に2記事程度は配信すべきと言われていますので、コンテンツ制作も大変な労力が必要です。マーケティング調査、ネタ探し、実際の記事作成、そしてSEOと、やるべきことがたくさん。

でも、記事作成をシステム化し、流れ作業に近づけることは可能です。
製作者が楽になる、コンテンツマーケティングのための記事作成のコツを見てみましょう。

コンテンツを量産するテーマの作り方

・テーマ設定に必要な要素

コンテンツマーケティングのための記事を作成するには、まずテーマ設定が必要です。しかし、このテーマ設定が意外と大変。記事を作成するたびにテーマ設定から始めていては時間がかかり過ぎてしまいます。

そこで、テーマの設定はシステム化してしまいましょう。やり方は簡単です。「誰が」「いつ」「何について」の3つの要素を先に決めてしまうだけ。
あとは、「誰が」「いつ」「何について」をシャッフルして組み合わせれば、テーマが自動的に作れるようになります。

・「誰が」=ペルソナ設定

まずはペルソナの設定です。ペルソナとは理想的なターゲットを想定した人物像です。マーケティングを行う製品やサービス、ブランドなどの顧客を1人の人物として、できるだけ具体的に設定します。
氏名、年齢、性別、職業、住環境などの基本的な情報の他、趣味や生活パターン、興味関心、どのように情報を得ているかなど、人物を詳細に想像できるようにリアルに作り込みます。

このペルソナの人物に対して、自分たちの製品やサービスを売り込んでいくことを考えるわけです。

・「いつ」=マーケティング段階設定

次に、マーケティング段階について理解します。段階は、以下のように分類されます。

まだ製品やサービスを知らない段階
製品やサービスを知っているが、まだ興味は持っていない段階
製品やサービスについて必要性を感じた段階
製品やサービスを使ってみようか検討している段階
製品やサービスを実際に使って顧客になった段階

その人がどの段階にあるかによって、知りたい情報は変わりますから、必要なアプローチ方法も変わることが分かるでしょう。

・「何について」=キーワード設定

そして、SEOの観点からキーワードを設定します。コンテンツマーケティングを行う製品やサービスに関連のあるキーワードで、検索回数の多いものを集めれば良いでしょう。
グーグルのキーワードプランナーなど便利なツールもありますので、それほど難しくありません。

・ペルソナ×段階×キーワード→テーマ

あとは上記3つの要素を掛け合わせればテーマを導き出すことができます。
ペルソナの人物が、ある段階のときに、あるキーワードで検索をした。このとき、知りたい情報はどのようなことだろう。それを想像すれば良いのです。

例えば、英会話教材のコンテンツマーケティング記事を作成するとします。
35歳の男性サラリーマンが、英会話教材については知らずに、「キャリアアップ」と検索したら、その人はどのような課題を持っているでしょう。キャリアアップに何が役立つか、漠然と考えている段階ではないでしょうか。
ならば、英会話や、資格取得、あるいはMBAへの通学など、キャリアアップにつながる方法を紹介し、その人に何が合っているのかを検討するための情報を配信すれば喜ばれるはずです。

このテーマ作成方法が一度理解できれば、あとは簡単です。複数用意してあるペルソナ、マーケティング段階、キーワードを入れ替え、その組み合わせでテーマを導き出すだけになります。

・記事作成とSEO

テーマが決まれば、記事作成については情報を集めてまとめる作業となります。そこに自社の製品やサービスなどに関連するオリジナルの情報を加えましょう。
そして、SEOの観点からキーワードを盛り込む、タイトルやディスクリプションを設定する、といった調整を行えば、コンテンツができあがります。

記事作成代行サービスを利用する場合

・記事作成だけを依頼する

コンテンツマーケティングのテーマ設定から記事作成までは、上記の手順に分解することで負担を減らして運営することができます。とはいえ、やはり記事作成だけでもリソースが足りないということもあるでしょう。
その場合には制作を外注するのも一つの手段です。

その場合、運営の基本方針やテーマなどのディレクションを誰が行うかによって手順が変わります。

まず、自社内でコンテンツマーケティングの枠組みや運営は行うけれど、記事作成は代行してもらう場合。
この場合は、上記のペルソナ、マーケティング段階、キーワードについて記事作成代行者に説明した上で、設定したテーマの記事作成を依頼します。情報をまとめて記事を作成する、SEO調整をするといった作業に近い部分だけをアウトソースする感覚です。
方針やアプローチする対象をコントロールできますので、思い通りに運営することができます。また、費用についてもライティングのみなので比較的安価にすみます。
ただし、コンテンツマーケティング全体のディレクションについてもノウハウは必要ですし、時間も必要になります。

・サイト制作と運営すべてを依頼する

コンテンツマーケティング自体についてのノウハウを持っていない場合や、割り当てられるリソースが極端に少ない場合は、サイト制作やテーマ設定といった段階からすべてアウトソースすることとなります。
このような依頼を得意とするコンサルティング会社はたくさんありますので、いわゆる丸投げも可能です。ただし、その分だけ費用は多く必要となりますし、自社にノウハウがまったく蓄積されない懸念もあります。
コンテンツマーケティングの運営をすべて依頼する場合であっても、自社内の担当者も参加して、トレーニングを受けてノウハウを得る形とするべきでしょう。

まとめ

コンテンツマーケティングを推進するためには、記事の作成は欠かせません。可能な限りリソースを割いて、丁寧に質の高いコンテンツを配信し続けられるよう制作体制を整える必要があります。
ただ、制作担当者の負担は軽いものではありません。テーマ設定のシステム化など、できるだけ楽に記事作成を続けられる手順を整備して、それでもリソースが足りないのであれば、外注も検討すべきです。

記事先頭に戻る

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA